CentOS / RHELでjavaをアップデートする

2016年03月29日(編集2016年03月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS / RHEL環境でjavaのアップデートする方法を記載します。
環境はLinux(CentOS / RHEL), javaはopenjdkを利用します。

Enviroment

  • CentOS6.5
  • openjdk version 1.8.0_71 → openjdk version 1.8.0_77

Update

現在のjavaのversionを確認します。

terminal
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ java -version
openjdk version "1.8.0_71"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_71-b15)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.71-b15, mixed mode)
        

最新のjavaでないことを確認したら、以下のコマンドでjavaをアップデートします。

terminal
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo yum -y update java-1.8.0-openjdk

//
...something

Updated:
  java-1.8.0-openjdk.x86_64 1:1.8.0.77-0.b03.el6_7

Dependency Updated:
  java-1.8.0-openjdk-headless.x86_64 1:1.8.0.77-0.b03.el6_7

Complete!
        

Complete!が表示されたら、javaのversionを確認します。

terminal
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ java -version
openjdk version "1.8.0_77"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_77-b03)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.77-b03, mixed mode)
        

正常にjavaが1.8.0_71→1.8.0_77に更新されています。
以上です。

関連記事

タグ検索で調べてみよう

Java CentOS / RHEL