Androidアプリ開発 Google Play servicesを更新する

2016年05月19日(編集2016年05月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Play servicesは、GoogleのサービスをAPIから呼び出すことのできるライブラリです。Google Play servicesは月1回のペースで更新されています。
アプリのメンテナンス作業には、この更新時間も工数に含めておきましょう。

この記事は、Google Play servicesのバージョンアップの方法を記載した記事です。

環境はAndroid 6.0 (API level 23) です。

環境

  • OS X Yosemite
  • Oracle jdk version 1.8.0_72
  • Android Studio 2.1.1
  • Google Play services 8.4.0 → Google Play services 9.0.0

難易度

初心者向け

Google Play services最新versionインストール

Android Studioを立ち上げて、画面上のメニューから【SDK Manager】→【SDK Tools】タブ → 【Google Play services】を選択します。

SDK Manager
SDK Toolsタブ
Google Play services

【OK】ボタンを押してインストールが完了したら、古いGoogle Play servicesを使用しているプロジェクトを立ち上げます。

Google Play services versionアップデート

build.gradleを開きます。

{project_folder}/app/build.gradle
dependencies {
    compile 'com.google.android.gms:play-services-analytics:8.4.0'
    compile 'com.google.android.gms:play-services-location:8.4.0'
    compile 'com.google.android.gms:play-services-ads:8.4.0'
}
        

build.gradleファイルのGoogle Play servicesのバージョンを最新版にします。

{project_folder}/app/build.gradle
dependencies {
    -compile 'com.google.android.gms:play-services-analytics:8.4.0'
    +compile 'com.google.android.gms:play-services-analytics:9.0.0'
    -compile 'com.google.android.gms:play-services-location:8.4.0'
    +compile 'com.google.android.gms:play-services-location:9.0.0'
    -compile 'com.google.android.gms:play-services-ads:8.4.0'
    +compile 'com.google.android.gms:play-services-ads:9.0.0'
}
        

全てのGoogle Play servicesが対象です。
上記は、8.4.0 → 9.0.0に変更しています。

ビルド

修正後は、アプリをビルドして立ち上げます。
テストコードの実行とアプリの動作確認をして問題がなければ更新は完了です。

エラーが発生した場合は、release notesのChanges forを参考にしてコードを修正します。

まとめ

Google Play servicesの更新はマメにおこないましょう。
一気にバージョンをあげると動かなく可能性が高くなります。少しづつであれば、対応するのは難しくありません。

関連記事

タグ検索で調べてみよう

Android6.0 バージョンアップ